失敗しないウォーターサーバーの選び方

水の成分を確認しよう

ウォーターサーバーで失敗しやすいポイントは「水」です。ウォーターサーバーはメーカーが販売しているので水もメーカーが販売している水のみ対応しています。そのためウォーターサーバーを買った後、自分の好きな水に変更することはできません。買う前に水の成分を確認することをおすすめします。 まずは軟水か硬水か確認しましょう。軟水であれば柔らかい口当たりと水の甘みが口の中に残りやすいのが特徴です。一方硬水は口当たりがすっきりしていて、口の中に味が残りにくいです。好みによって分かれてくるので、軟水か硬水を確認しましょう。次にカルシウムやマグネシウムなどが天然水に記載されていることが多いですが、たまに鉄分が入っている場合があります。水の味に影響してくるので、鉄分が入っている時は注意してください。

ウォーターサーバーの機能を確認しよう

水選びが終わったら、ウォーターサーバーの機能を確認しましょう。機能が多いと値段も高くなってくるので、ある程度自分の要望に合わせた機能を選ぶことをおすすめします。例えばお湯と水だけ付いていればいい場合、1万円以内で購入することもできます。機能が揃っているものを購入したい場合は「自動洗浄機能」や「エコモード機能」、「炭酸作成機能」など付いていると便利です。 自動洗浄機能は定期的に沸騰させたお湯をウォーターサーバー内で循環させることで殺菌します。衛生面で気になる人にはおすすめの機能です。エコモード機能はウォーターサーバーの維持費を安く抑えます。炭酸作成機能は炭酸水を作製することが出来るのでとても便利です。炭酸割りの飲み物を作ることができます。

宅配水は、予算の範囲内で調理やガーデニングなど色々な用途に使える飲料水や、体に良い成分が含まれている飲料水を自分の好きなだけ頼めるといった利点があります。