ウォーターサーバーによる月々の電気代はいくら?

意外と高くない?ウォーターサーバーの電気代

水の温度調節機能や、コーヒーなどを作る機能が搭載されていて、生活に便利さを与えてくれるウォーターサーバーですが、電気代もかかるのでは?と気になっている人も多いと思います。ウォーターサーバーの電気代は、メーカーや商品ごとに違いがありますが、月額約500円~1000円の間のようです。特にエコ機能が付いているウォーターサーバーは、月々の電気代が1000円を切ることが多くなっています。 ウォーターサーバーでお湯を沸かす場合、電気ポット(2,2リットル)で一日に二回お湯を沸かすのと、おおよそ同じ電気代だと言われています。また、何Wで冷水や温水の加熱を行うかが機種ごとに違うので、メーカーの説明をよく確認する事で家庭のニーズに合わせた物を選ぶことができるかもしれません。

省エネモードと設置場所で電気代を抑える

では、できるだけ電気代を抑えたい場合はどうすれば良いのでしょうか。先ほども述べたように、省エネモードやスリープ機能が搭載されている機種を導入することがおすすめです。また、電気代がもったいないからと電源を抜いたり入れたりするのは逆効果。ウォーターサーバー内ではお湯が、電源が入っている間保温されているのですが、電源を抜いてしまうと水温が下がり、再びお湯を沸かすのに電気代がかかってしまいます。 また、ウォーターサーバーには機械の熱を排出する機能がついているので、壁との距離を少し離して熱がこもらないようにすると、熱が機械内にこもりにくく電気代もおさえることができます。同じ理由で、直射日光が当たらない場所に置くのも効果的です。このように上手にウォーターサーバーを取り扱う事によって、1000円以内の電気代に抑えることもできます。

ウォーターサーバーの価格は、製品の材質だけでなく、安全機能の有無や水を蓄えるボトルの大きさなどにも大きく左右されます。